採用基準が高い面接をくぐり抜けてきたからからこそ、高級クラブで働くホステスは、整った顔立ちや憧れるようなスタイルの方が多いのが事実です。

容姿端麗は強み!その強みだけでいいの?

そんな彼女達は、高級クラブの店内でただ座っているだけでもとても華やかになる存在です。しかし、だからといって黙って何もしないで、固定のお客様はつくのでしょうか?

正解は “NO” です。

ルックが良いことで、他の人よりも一目置かれた存在にはなるかもしれませんが、それ止まりになってしまうこともあるのです。容姿に自信があるからと何も努力をしないとホステスとしての成長はそこまでです。

磨いたスキル次第でNO.1になれることも

見た目を綺麗にすることはもちろん大切ですが、それ以上にお客様に何度もお店に通ってもらえるようなスキルを持っている女性がワンランク上のホステスへと地位を向上させていくのです。

見た感じはとても普通であったり、少し地味な雰囲気の女性でも太客を増やし、有名になっいていったホステスの方も多くいらっしゃいます。つまり、一番重要に思われがちな見た目は、さほど関係はないということです!一番大切なことは、高いお金を支払ってまで「高級クラブにまた行きたい!」と思わせるような、接客や営業ができる女性になること、ということです。

では、そんな一流ホステスが実践している “スキル” とはいったいどんなことなのでしょうか?

愛されるホステスになるために必要なスキル

そんなに難しいことではありません。普段からの心がけ一つでスキルアップが目指せるはずです。

1)洞察力

さまざまな接客や営業の際に必要となるのがこの「洞察力」です。お客様が来店された時からが勝負です。どのような雰囲気・性質の方で、好きなものは何なのか、今日の気分はいかがなのか、などを読み取れるようにしましょう。

じっくり時間をかけなくても外見にヒントが隠されていることが多いです。まずは外見をチェックすることで、お客様の社会的な地位や懐都合なども察することができるでしょう。また、お洋服や持ち物などからもお客様の趣味などを伺うことができるはずです!

その後、テーブルについてから会話をしていく中で、お客様の細かい部分を把握していくことができますよね!スポーツが好きな方、音楽が好きな方、映画、ゴルフ、旅行など。幅広い会話ができるように準備しておくことも忘れないようにしましょう。

お客様と話題を共有し、痒い所に手が届くような話題を出すことで、お客様には好印象になり「また次もこのお店に飲みに来よう!」ということに繋がっていくのです。

2)一般的な社会知識

クラブで働くホステスには、若さや勢いが必要なのではなく、来店されるお客様と話題を共有できる社会的な知識が必要となってきます。クラブに来店されるお客様は企業の重役の方や取締役の方、その他にも社会的地位が上の方が多い特徴があります。そのような方々の会話を理解して、共有するスキルが求められます。

一流と言われるホステスの多くは日々、社会の情報を入手することを怠りません。出勤前に最初のニュースをチェックしたり、話題のビジネス本を読んだりと、時間を費やしてお客様を迎える準備をしているのです。

3)広い視野の気配り

NO.1クラスのホステスにでもなると、1日で複数のお客様のお相手する必要が出てくるものです。そんなタイミングで、自分の目の前にいるお客様のことだけしか気にかけることができないホステスは一流とは言えないでしょう。

真の一流のホステスは、店内をまんべんなく見れることができる視野を持ち、来店したお客様の皆さんが心地良い時間を過ごせるように配慮するスキルが必要となってきます。

最初からこのような立ち振る舞いをすることは難しいかもしれませんので、初めは、自分がついたテーブルのお客様すべてに目を配るよう、心がけていくと良いでしょう。

4)適度な距離

お客様の近くに座りお酒を飲みながらお客様と会話のお相手をするのがホステスのメインの仕事。疑似恋愛の空間を演出しようとして接近した距離に座ってみるのがいいのか…。はたまた、男女の関係を意識させないように離れて座るのが正解なのか…。適切な距離を探ることが、案外難しいものなのです。

そんな時は、このことを思い出してください。高級クラブで働くということは、品格や礼節を保つ必要があるということです。

高級クラブに飲みに来るようなお客様は、気軽にホステスさんを口説くようなことをしませんし、もちろんボディタッチをするようなこともありません。来店されるお客様は品位あるジェントルマンな方々ばかりだからです。

ホステスの方からお客様へ安易に寄りかかったりすることは、お店のルールとして基本的にNGになっていることが多いので、気を付けましょう。もし恋愛空間での接客をして一時的に固定客のリピートが上がったとしても、なかなか長続きはしないものです。ホステスとして固定客を掴むことが、お客様と長く良好な関係を続けるコツでもあります。

多様なお客様が来店するクラブなので、距離感に関しては正解は1つではありません。お客様とコミュニケーションをとりながら、そのお客様にあった距離感を見つけ、ちょうどよい間隔を見出すせるスキルを磨いていきましょう。

5)向上心

高級クラブのトップを走り続けるホステスと、そうでないホステスでは圧倒的に違うことが一つあります。それは “向上心” です。

クラブで働く女性の多くが描く夢は “売っ子ホステス” ではないでしょうか。たくさんのホステスがしのぎを削る高級クラブでは、簡単に上位になれる訳ではありません。多くのライバルがいることを忘れないでください。

ホステスで働けば毎月驚くような金額の収入が手に入ると思って、入った高級クラブで、思うように稼げなかった…。そんな際に夢をあきらめてしまう女性の方が多いのも本当です。

では、高収入を得ているホステスはなぜクラブでの仕事を続けていけるのでしょうか。それは「将来のビジョン、将来の目標」があるからです。

今やトップクラスのホステスの皆さんが、スタートから人気があった訳ではありません。無名の時代もあり、その期間があってもあきらめずに目標をもってホステスの仕事を続けてきたから、今があるのです。夜の世界はキラキラと華やかなイメージがあり憧れを抱く女性の方が多いです。確かに、他の業界と比較して充実したワークライフを送ることができるでしょう。その反面、辛いことや心が折れそうになることもあるでしょう。そんな場面に直面した時に、ホステスとしては働くことをやめる、という選択もできます。

ただ、一流のホステスを目指すのであれば、厳しい場面を乗り越える必要があります。そのためにも「〇歳までには月の収入を〇〇万円にする」などの将来的にどうしていきたいか、といった目標を立てることがキーとなってくるでしょう。このような目標を立てると自ずと具体的な行動が見えてきます。「1週間に同伴を〇件」、「お客様のリピート来店件数を月に〇件」など、細かなやるべきことがわかってきます。

このように、一流のホステスであり続けるには、ひたむきな努力が必要となってくるのです。努力している姿勢がお客様にも自然と伝わり、お客様から応援してくれるようになれば、一流ホステスの仲間入りです。

今からでもできるスキル磨き

日々の生活の中でもこれらのスキルを意識することで自分自身の魅力を増やすことはできます!愛され上手なホステスになって、高級クラブで頂点を目指してみましょう。