作者別: ななみ (Page 1 of 2)

専業主婦になりたいなら必見!ホステスが結婚する相手とは?

ホステスの結婚相手で多いのは「お客様」

高級クラブで働くホステスの結婚相手は「お客様」である事が多いです。毎日たくさんのお客様を接客していますので、出会いには事欠きません。また大手グループ企業が運営する高級クラブでは、お客様と一緒に楽しめるゴルフコンペなどが開催されており、これらイベントを通じて結婚相手と出会う可能性もあります。

お店で働く黒服(ボーイ)や店長との恋愛は「風紀」と呼ばれて厳しく禁止されていますので、どうしてもホステスの恋愛はお客様が中心になってきます。専業ホステスは日頃お付き合いする方々が限られてしまうので、結婚相手としてお客様に目を向けるのは自然な事なのです。

ホステスでなければ知り合えないような男性と結婚が可能

高級クラブには日本を代表するような有名企業の重役、有名人、医師、弁護士、成功した投資家、有名な漫画家や作家、政財界関係者など錚々たる方々が集まってきます。普通のOLが政財界の重鎮や芸能人などと知り合う機会はほぼない事を考えると、ホステスはハイステータスな男性と出会える可能性が高いのです。

また、ホステスは言葉遣いも丁寧でルックスも他の女性に比べて優れており、機転も利き女性らしい優しさを備えていますので、男性から見れば「高嶺の花」的存在。一般サラリーマンが売れっ子ホステスとお付き合いするケースがあるかもしれませんが、自分よりも稼ぎが良く見目麗しい若いホステスを前に卑屈になってしまう可能性大。

男性はやはり男としてのプライドがあるため、自分よりも社会的地位が低い、年収が低い、学歴が低いなど「自分の方が上」と思える女性を選んでしまいます。そこに高年収で自立した美しいホステスでは太刀打ち出来ないと、最初から諦めてしまうのです。

そうなるとやはり高級クラブのホステスがお付き合い出来るのは、お客様であるハイステータスな男性となります。もし有名企業の重役や有名人、医師や弁護士と知り合いたいなら高級クラブのホステスとして働くのが確実。もし気に入ってくださり交際となれば結婚出来る可能性も高くなります。

自分自身のホステスとしての評価が高くなければチャンスも巡ってこない

「有名企業の重役と結婚出来るなんて夢のよう」そう感じてしまうかもしれませんが、当然ただ何となくホステスの仕事をしていれば自動的に結婚出来るわけではありません。ハイステータスな男性は日頃からレベルの高い女性を見る機会も多く、ちょっとやそっと綺麗な女性では気持ちが動きません。

もしお客様に注目してもらいたいなら、経済や政治の勉強をするだけでなく、マナーなど接客の勉強をする、お客様の際どい話題をサラッとかわす機転を身につけるなど努力出来る事はたくさんあるはずです。ホステスとしてはもちろん、一人の女性として魅力があれば放っておかれるはずはありません。

素敵な男性をゲットしたいなら、まずは自分が素敵な女性になる事。自己研鑽を忘れない思いやりと優しさに溢れた自立した女性になれば、幸せな結婚はそう難しくありません。

【ホステスのその後】スナックのママになる選択肢とその方法

スナックのママの多くはホステス経験者

スナックのママの多くはホステス経験者が多く、水商売の経験がない女性がいきなりスナックを開業するケースは極めて稀です。水商売を長年続けている女性は水商売のノウハウに通じているため、自分のお城であるスナック開業に踏み切るケースもあります。

けれどスナック経営と言っても開業資金の準備や営業許可取得、立地の選定の問題などもあり簡単には行きません。またいい加減な計画で無理に開業すると、借金が残りお店は閉店するなど失敗するリスクも有ります。スナック経営についてまとめていますので是非チェックしてください。

開業資金はいくらぐらい必要なのか

「スナックを開業したいな」と思ったら、まず知っておきたいのが資金のこと。スナックの開業資金はどれくらい必要なのでしょうか?

立地や条件などにもよりますが、最低でも500万円の資金は必要だと言われています。また場合によっては1,000万円以上のお金がないと開業できない事も。

開業資金には「初期費用」と「運転資金」が必要です。初期費用には以下のようなものが挙げられます。

  • 店舗に必要な費用:店舗を自前で持つ場合と賃貸するケースの2つが考えられます。賃貸の場合は敷金・礼金などが必要ですし物件によっては1年分の家賃を事前に請求される事があります。
  • 内外装工事費:スナックとして運営するためには内装を整えるなければなりません。「お洒落な室内にしたい」と思うと限りなくお金が掛かるので取捨選択が必要です。
  • 設備費:カラオケやレジの購入費になります。

その他、店内に設置するテーブルやソファー、棚、カウンターの費用、営業許可申請の費用、グラスやお酒、おつまみなどの開店当初の仕入れ代、広告宣伝費などが掛かります。

さらに開業して営業が始まると「運転資金」として以下のような費用が考えられます。

  • 人件費…スナックレディを雇うと女の子への人件費が発生します。
  • 家賃…賃貸でお店を借りている場合に発生します。
  • 仕入れ代…お酒やおつまみ、ミネラルウォーター、アイス、果物などの仕入れ代になります
  • 水道光熱費…お店を営業するとどうしても水道や電気、ガス代などが掛かってきます

これら費用がどんどん発生してくるので、ある程度しっかりした資本を持っていないとスナック経営は上手くいきません。運転資金のショートでいきなり閉店とならないよう、しっかりした事業資金計画が必要です。

風俗営業許可などを取る必要もある

スナックは午前0時以降営業する場合が殆どですので、「深夜酒類提供飲食店営業」の許可を取得しなければなりません。この深夜酒類提供飲食店の場合、閉店時間は特に決まっていないため、お客様が最もエキサイトする真夜中を過ぎても営業出来ます。スナックではお酒以外にも、おつまみやお店名物のカレーやおでんなどを提供するお店もあるため「飲食店営業許可」も必要になります。

食品を扱うわけですから、食品衛生責任者の有資格者を1名配置しなければなりません。この食品衛生責任者は国家資格ですが、講習会に1日参加して修了試験を受ければ誰でも取得出来ます。スナックのママが取得するのが一番良いですね。

さらにお店でスナックレディーやママさんがお客様の隣に座って直接接客したり、一緒にカラオケを歌う、お喋りする、体を密着させる、手を握るなどの行為を行うと「深夜酒類提供飲食店営業」の範囲を超えてしまい、風俗営業許可を取得しなければなりません。この場合午前0時を超えての営業は出来なくなります。

「では深夜酒類提供飲食店営業と風俗営業許可を両方取れば真夜中0時過ぎには普通のバーとして営業出来る」と思うかもしれませんが、それでは肝心のお客様が混乱してしまいます。許可を取るならどちらか一方のみ申請にするよう指導されますのでご注意を。

開業を決めたらコンセプトを決めスタッフを確保

スナックの開業を決めたらお店のコンセプトを決めます。お酒に拘るスナックなら、珍しい洋酒や日本産のビール、九州まで行かないと飲めない焼酎が揃っている、珍しい日本酒があるなど「この店でないと絶対に呑めない」お酒を用意しておくと集客になります。

またはスナックレディ―が美女揃いで目の保養になる、スナックレディ―が営業上手、スナックで提供される料理が恐ろしく美味い、お店が古民家改修でとても温かみがあるなど、お店の個性を前面に打ち出して顧客を開拓しなければなりません。
美女スタッフを集めたいならルックスの良い女の子を雇用しなければなりませんし、お料理に特徴を出したいなら優秀なコックをスカウトしなければならないでしょう。カクテルに力を入れるなら腕の良いバーテンダーを募集しなければなりません。

お店のコンセプトを決めて優秀なスタッフを雇用し、お店の広告をだすなどしてやっと開業にこぎつけられます。開業した後も気は抜けません。一国一城の主になると責任も重くなります。

続ければ続けるほど、辞めるのは辛い―ホステスを続けることの注意点

ホステスを続ければ続けるほど、辞める選択肢はなくなっていくので注意

ホステスの仕事を長く続ければ続けるほど、一般的な昼職で仕事をするのが難しくなっていきます。水商売の世界と一般的なOLや公務員の世界とはあまりにも差があるからです。そう聞くと「一体どんな部分に差があるの?」と感じられるかもしれませんね。

この記事では、ホステス歴が長くなればなるほど、他の仕事をする選択肢がなくなる事についてご説明しましょう。ホステスなどの水商売を一生の仕事にしようと決めたら、その道を貫かなければならなくなります。

金銭感覚を元に戻すのが大変になる

ヘルプのホステスは日給2~3万円、さらに固定客を持つ係ホステスともなると日給3~4万円以上のお金が稼げます。係ホステスの中には月に軽く100万円を稼ぎ出す方も少なくありません。高級クラブとなると月給400~500万円稼ぐ「デキる」ホステスもいます。

月給400~500万円ともなれば年収5,000万円前後となり、一般的なサラリーマンの年収から見ると約10倍!年収5,000万円のホステスは一握りかもしれませんが、ホステスの日給や月給がOLやサラリーマンのレベルから比べて高いのは間違いありません。

この高い報酬に慣れてしまうと、水商売を辞めてOLに転職するとガッカリしてしまいます。会社の規模にもよりますが、OLの年収は200~300万円台。年収1,000万円を超えるホステスから見れば「全然収入が低い」と思って当然ですね。

またお客様からエルメスのバッグやヴィトンのお財布、カルティエのアクセサリーなど高級ブランドのプレゼントを普通にもらえる環境だと、一人暮らしではブランド品を買うにも四苦八苦しなければならないOL生活が「すごく貧乏くさい」と思って当然です。ただホステスのように高年収が叩き出せる女性は一握り。もしホステスを辞めると、金銭感覚を元に戻すのが大変です。

夜型の生活から戻れなくなる

ホステスの仕事は夜がメイン。夜通しお店での接客・アフターとお客様にお付き合いしなければなりません。夜型生活も慣れるまでは大変ですが、一度その生活に慣れてしまうとすっかり夜型生活に適応。今度は逆に昼型に戻すのが大変になってきます。一度作った生活パターンを崩して、新しい生活パターンに変えるのは時間も掛かりますしかなり大変です。

若いうちは環境や生活パターンの変化に柔軟に対応出来るのですが、30代・40代になって生活パターンを完全に変えようとなると体力的にも精神的にもかなりしんどいです。夜型生活から戻れなくなるのもリスクの一つになります。

社会人としての常識を知ることができない

OLなど一般的な仕事をすると、コピーの取り方、来客者への対応、電話応対、PC操作など業務に関わるスキルがアップしますし、同僚や上司、部下との付き合い方、仕事の配分、仕事のマネージメントなど社会人として身に付ける様々なスキルを学ぶ事が出来ます。挨拶の仕方や電話応対、来客者対応はホステスの接客マナーを生かせるジャンルですが、PC操作や経理業務となると、PC操作技能や簿記検定など必要な資格を取得したり、特別な勉強が必要になるはず。

30代・40代になってPC操作や経理業務の勉強を新たに始めるのはハードルが高いですね。またホステスとして働いた期間が長いと、社会人として身に付ける常識が身についておらずいざ昼職に転身しても上手くいかない可能性があります。「ホステスから昼職に転身したけど、なかなか仕事に馴染めなかった」と言う方がいますが、やはり当たり前に身に付けておくべき会社での常識や行動、仕事の流れなどが分からず、右往左往して居づらくなる事もあるようです。

【高級クラブ選び】働く前のお店選びの注意点まとめ

高級クラブのお店選びの注意点

高級クラブと言っても様々なお店があります。日払いが可能なお店もあればノルマが厳しいお店もあり、寮や福利厚生のしっかりしたお店、ホステス同士の人間関係が良いお店などお店によって特徴があります。色んなお店はありますが、ブラックなお店に引っ掛からないように面接前にしっかりお店の特徴やメリット・デメリットを把握しておきましょう。このページでは高級クラブのお店選び、その注意点についてまとめています。

①働く際の条件・待遇を確認する

どの高級クラブで働くか見極めるためには、まず労働条件や待遇を細かくチェックする事が重要です。求人サイトやお店のHPのリクルートサイトを良く見て、福利厚生や時給、勤務時間、勤務日数、寮の有無、ヘアメイクの有無、レンタルドレスの有無などをチェックします。地方から引っ越して来る方は寮があるかどうかは非常に重要ですね。引っ越し費用を負担してくれるお店もありますのでチェックしてみてください。

未経験の方は水商売自体に抵抗があったり不安があるかと思いますので、体験入店の出来るお店や研修が充実したお店を選ぶのがコツです。今はどこのお店でも体験入店からスタートしていますし、私はキャバクラ経験者ですが高級クラブの雰囲気や客層、同僚ホステスの人柄などを知るために体験入店からお願いしました。

水商売初心者の場合は研修も大事です。お酒の作り方やタバコへの火のつけ方なども分からないと思いますので、最初にしっかり仕事の内容をレクチャーしてくれるお店を選ぶのがポイント。とは言っても、高級クラブは教育体制がしっかりしているので、あまり心配する必要はありません。

②色々なお店の面接を受けてみる

高級クラブの面接は1店舗だけに限定せず2~3か所受けてみる事をお勧めします。店舗によって担当者の対応は当然違いますし、福利厚生や待遇、お店の雰囲気、客層などにも差があります。面接がを突破出来るかどうかも重要ですが、高級クラブと言っても色々なお店がある事をまず知りましょう。

面接時に福利厚生や待遇、勤務条件、時給などについて細かく分かりやすく説明してくれますし、質問に丁寧に答えてくれるお店や、担当者の言葉遣いがしっかりしてマナーの良いお店は信頼出来ますよね。面接に合格するとその日のうちに体験入店に進めるお店もあります。

お店の雰囲気や内装、客層、同僚ホステスの人間関係、ノルマの有無などをチェックしていくつかのお店を比較すると働きやすい店舗が選べます。ただし高級クラブの場合は採用基準がかなり高いので、面接や体験入店で不採用になってしまう可能性もあります。そこは最初から頭に入れておいてください。

③多少は妥協する

「銀座で働くなら絶対高級クラブ!日給3万円は欲しい!」など勤務先や日給額に関する希望は誰でも持っています。もちろん希望通りのお店に無事入店出来ればいいのですが、採用基準が高いため思うように仕事が出来ない可能性も。

その場合は「高級クラブ」や待遇、時給、日給の額にこだわらずに多少妥協する必要があります。待遇や福利厚生、研修体制、人間関係、客層の良さなど全てが揃った完璧なお店は少ないです。「もっと時給の高いお店が良い」「送りやヘアメイクが無料のお店が良い」など色々な条件を言い出すと働けるお店が見つからないかもしれません。

勤務条件は重要ですが、あまりにそれを追求し始めるとホステスとして仕事が出来なくなるかも。希望は7割方通ればいい、と言うくらいの気持ちで「どうしてもこの条件だけは譲れない」大事な条件を2~3個ピックアップしてお店選びをするのが大切です。

気品は言葉から。クラブのホステスになるなら言葉遣いに気を遣おう

クラブのホステスになるなら言葉遣いに気を遣おう

高級クラブのホステスはルックスが美しいのは当然、言葉遣いも丁寧でお客様が不愉快にならないように謙譲語を正確に使っています。また喋り方も上品で優しく、女性らしさを感じさせるのも大きな特徴です。

もし銀座や六本木の高級クラブで勤務したいなら、丁寧な言葉遣いを心掛けましょう。相手がハイステータスの顧客ばかりなので、ホステスの上から目線や命令口調はクレームに繋がってしまいます。

ではホステスが使う「謙譲語」についてまとめています。ホステスならマスターしている、女性らしい上品な言葉遣いについて知っておきましょう。

「謙譲語」はすっと使えるように

目上の方とお話する時は「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」のどれかを使います。尊敬語は相手を高めて持ち上げる言葉、謙遜語は自分を一段下に置き相手に尊敬の気持ちを表す言葉になります。

ホステスが使うのは謙遜語で、ホステスが一段下に下がり相手を持ち上げる言葉になります。もちろん相手に対して尊敬語を使い、さらにお客様に敬意を表する事も出来ます。では謙遜語の具体的な使い方を見てみましょう。

  • 見るは「拝見する」
  • 聞くは「拝聴する/うかがう」
  • 食べるは「いただく/頂戴する」
  • わかるは「かしこまる/承知する」
  • 読むは「拝読する」
  • 行くは「うかがう/参る」 など

他にも様々な用例がありますが、高級クラブで良く聞くのは「かしこまりました」や「おうかがいいたします」「拝見致します」「いただきます」などの言葉でしょうか。特に高級クラブではお客様からお酒を奢って頂く機会が多いので「いただく」と言う言葉は頻繁に使います。

それでは次は「いただく」の使い方についてご説明しましょう。

特にホステスは「いただく」の使用頻度が高い

クラブのホステスはお酒を飲む事でドリンクバック(報奨金)が発生しています。またお客様のボトルのお酒を飲む事で、次のボトルを下してもらえる可能性が高まります。

そこでホステスも一緒にお客様のお酒を「いただく」ために

「お酒をご一緒にいただいてもよろしいですか?」とお客様の許可をいただきます。何も言わずにお客様のボトルのお酒を飲むのはマナー違反。「失礼なホステスだな」と思われます。

チャームやフルーツなどもお客様のために提供されているものなので、お客様から「君たちもどうぞ」と言われない限りホステスが黙ってつまんではいけません。

お腹がすいてフルーツがどうしても食べたい時は……、

「お客様、私もフルーツをいただいてもよろしいですか?」

と許可をもらいましょう。この場合「いただく」は「食べる」や「飲む」と同じ意味になります。またこのような謙譲語を使った事はありませんか?

「ご連絡させていただきます」

この場合のいただくは食べるや飲む、もらうと言う意味ではないため「いただく」を使わずに

「ご連絡いたします」「ご連絡申し上げます」

とシンプルに表現すればOKです。正しい謙譲語や尊敬語はすぐには身につきません。日頃から練習したり先輩ホステスの言葉遣いを真似するなどして訓練しておきましょう。

ホステスになるなら知りたい同伴・アフターのポイント

ホステスになるなら知りたい同伴のコツ

ホステスはお客様と同伴出勤を行い、自身の営業成績を高める努力をします。同伴とは開店前にお客様とホステスが店外で食事などを楽しみ(店外デート)、お店オープンのタイミングに合わせて二人で同時に出勤する事です。ホステスがお客様を1名、お店に連れて来る事になりお店側としては大変喜ばしい事とされています。

ではこの同伴、どうすればスムーズにお願い出来るのでしょうか?まとめていますので是非チェックしてください。

待ち合わせ時間は自分で決めてしまおう

連日満員の高級クラブと言っても、開店時(夜8時前後)はまだお客様も少なく出勤したヘルプのホステスもお茶を挽いている(仕事がなく待機している)状態です。そこにホステスがお客様を1名連れてくればヘルプのホステスも仕事が出来ますし、開店時からお客様が入り店内も賑やかに。そのため月に何回も同伴が出来るホステスは、回数に応じた報奨金がもらえる上に、時給・日給アップなど営業成績が評価され店内で出世していきます。

ただしこの同伴、親しいお客様でないとなかなか言い出せませんし、開店と同時に出勤するためにデートの場所やデートを切り上げる時間など最初は難しいです。お店の開店が夜8時なのに、午後5時から店外デートを始めると3時間はお客様に付き合わなくてはならないので苦痛ですよね。

そのため同伴出勤をお願いするなら、ホステス主導で店外デートの時間を決めてしまいましょう。出来れば開店1時間前がベスト。店外デートがダラダラと長くなるとお店に行く頃にはすっかり飽きてしまいます。店外デートの時間は約2時間が最適。夜8時開店なら店外デートは夜6時頃から始めるのが良いです。

お店から近い飲食店を選ぶこと

お客様と一緒に出勤しなければならないので、お店からあまりに遠いお店を選ぶと遅刻してしまう可能性が高まります。遅刻になるとペナルティーの対象になるかもしれませんので、出来るだけお店の近くの飲食店などでデートをするのがベスト。

待ち合わせの場所などもホステス主導で決めてしまうと揉めません。お客様にデートの場所を指定してもらうのも良いのですが、この場合もお店からあまりにも遠い場所では遅刻の可能性がありますので、「出来ればお店の近くにして欲しい」とお願いする事。

「お店の近くで食事」と聞くと遊び慣れた男性は「これは同伴のお誘い」とピンと来ますが、遊び慣れていない方だと単純に「好きなホステスと店外デートが出来る!」と舞い上がってしまいます。食事の後に一緒にお店に行って欲しいと聞き「裏切られた!」とショックを受ける方もいるので、出来れば「同伴をお願い出来ますか?」と聞いておくと良いです。

特に同伴の意味が分からないというお客様には、事前に説明しておくと揉めません。富裕層の男性は同伴出勤を嫌がる方はまずいませんが、キャバクラのお客様の場合、同伴出勤と知らず店外デートに誘われたと知り「裏切られた」「そんなつもりはなかった」と怒って帰宅する方もいました。

アフターのコツ

同伴出勤はお店にお客様を呼び込めるので営業成績としてしっかりカウントされますが、営業時間後に個人的にお客様と食事をしたりお酒を飲む事もあり、これを「アフター」と呼びます。営業成績にはなりませんし、帰りのタクシーも確保しなければならず損してしまうように感じますが、「このお客様ともっと親しくなりたい」と思った時使える手段です。

ではアフターのコツや注意点についてチェックしてみましょう。

個室・車を避けること

ホステスとお客様が1対1になってしまう場合、まず避けたいのが個室や車の中です。他に助けてくれる人がいない状況では、突然お客様がホステスの体を触ったりキスするなどの行動に出る事も有り得ます。普段は紳士的で優しい男性も、2人きりになるとどんな行動をしてくるのか分かりません。

お客様とアフターを楽しむなら人の目がある場所でお酒を飲む、食事を摂るなどの工夫が必要です。カラオケボックスもあまりお薦め出来ません、密室になってしまいますので。

お客様の車にも乗らないでください。どこに連れていかれるのか分かりません。特に相手の素性がよく分からない段階では、全てをお客様に任せてしまわない事です。

結構大変?高級クラブのホステスが行う仕事内容について

高級クラブでの仕事内容はお酒の席での接待が基本

ホステスの仕事は主に来店されたお客様に接待業務を行い、快適な時間を楽しんで頂けるよう努力しています。この時のホステスの仕事内容は、キャバクラで働くキャバ嬢とあまり大きな違いはありません。ホステスの主な業務をチェックしてみましょう。

  • お客様にお酒を作る(水割りやお湯割り、ソーダ割など)
  • 楽しく会話する
  • 煙草に火を付ける/灰皿をマメに取り換える
  • テーブルの上をマメに片づける/おしぼりなどで綺麗に拭く
  • 同伴やアフターにお付き合いする

キャバ嬢も仕事の内容はホステスのそれとほぼ変わりません。

ただ高級クラブの場合はホステスに知性や教養、マナーが必須。キャバ嬢よりも上品でより洗練されたマナーや言葉遣いが求められます。
また高級クラブは、一人のお客様にホステスやママなど複数のフロアレディーが付いて接客するので、「特定のホステスだけが目立つ」のは出来るだけ避けたい所です。

ホステスもキャバ嬢もこの点は同じ

ホステスもキャバ嬢は来店されたお客様を接待し、同伴やアフターにお付き合いすると言う点は同じです。まず重要なのはお客様の要望に応じて水割りやお湯割りなどのお酒を作り、提供する事。高級クラブにはお酒は付き物ですが、キャバクラでもお酒は外せません。

店内での接客でお酒と同じくら重要なのがホステスやキャバ嬢とのお喋り。話術が巧みでお客様からスルスルと話題を引き出しお客様をどんどんお喋りにしてしまうホステスやキャバ嬢もいて、聞き上手、喋らせ上手なホステスはレベルが高いと感じます。

さらにお客様へのメールやLINE、電話などでの営業もホステス・キャバ嬢双方行う業務となっています。固定客だけではなくフリー客に対しても、接客させて頂いたお客様にはすぐにお礼のメールを送り次回の来店を促します。ホステスやキャバ嬢の誕生日、クリスマス、バレンタインデーなどのイベント前にも営業メールを送り、一人でも多くのお客様を集客しなければなりません。

こうしてみるとホステスとキャバ嬢は「接客」「営業」と言う2つの役割をこなす点で共通点があります。ホステスもキャバ嬢も、ただ笑顔でお酒を作れば良い単純な仕事ではないのです。

気品や立ち振る舞いはキャバ嬢よりも気を遣う必要あり

高級クラブには政財界の重鎮や有名人、有名企業の社長、富裕層など社会的にハイステータスな顧客が集まってきます。銀座の場合は特に顧客の年齢層が高く、ホステスにはそれなりの知性やマナー、気品が必要です。ただ単にルックスが芸能人並みであれば良い、と言うわけではなく、気品や洗練された立ち居振る舞いが必要なのです。

キャバ嬢の場合接客は基本的に1対1なので、「オラオラ営業」など個性のある営業スタイルでも、それを好むお客様がファンとしてついてくだされば少々言葉遣いが乱暴でも許してくれます。ところが高級クラブは集団での接客なのでホステスが一人でオラオラ営業を行っても浮いてしまいますし、ステータスの高いお客様からみれば「何て失礼なホステスなんだ!」と腹を立ててしまいます。

社会的地位の高い中高年の顧客はプライドも高いため、個性の強いホステスよりも大人っぽく気品のある清楚系ホステスを好み、どんな話題でも顧客を否定せずに優しく受け止めてくれる女性を求めます。社会的立場の高い方の前では、立ち居振る舞いにも気を付けなければなりません。「適当に接客しておけばいい」では満足してもらえないのです。

「高級感」を意識する接客が重要

銀座や六本木の高級クラブで接客しているホステスは、皆さんスレンダーで美しい上にヘアメイクや衣装も完璧です。お客様の前に出るまでにお金と手間が掛かっています。美しく装う事もすでに接客の一部。一流ホステスは日頃からエステに通い自分を磨き上げネイルケアやヘアケア、スキンケアなども万全です。「なんて美しいホステスがいるのだろう」と思った瞬間に、顧客は高級感が得られるはずです。

またお客様は男性客がメインですので、ホステスは男性の自尊心や優越感をくすぐる接客をします。仕事の実績や社会的ステータス、お客様の人柄や家柄を褒めるなどさりげない「よいしょ」を盛り込み、気持ちよく時間を過ごしてもらえるように配慮しています。また高級クラブはハイクラスの顧客が多数出入りしているので、高級クラブでの人間関係をきっかけに商談がまとまったり商品の新しい販売先が見つかることもあります。

ホステスやママは絶えず「高級クラブは特別な場所」、そう思ってもらえるような努力をしているのです。

どうやって見つける?銀座や六本木のクラブ求人の探し方

銀座や六本木のクラブ求人はネットで探すのがおすすめ

銀座や六本木のクラブで働きたいなら、雑誌の求人や求人誌、新聞の求人欄を探すよりもネットを使う方が便利で簡単、また確実です。このページでは高級クラブの求人の探し方についてまとめていますので、興味のある方は是非チェックしてください。

働きたい店舗があれば、公式サイトから応募できる場合あり

銀座や六本木の有名な高級クラブは、どこのお店も必ず公式HPをもっています。しっかりした運営を行っているお店はHPやフェイスブックページ、TwitterなどSNSなどを駆使してお店の宣伝をしています。HPのあるお店は「本気で営業している」証拠。安心して応募出来ます。

もし気になるお店があれば、まずお店のHPをチェックしてみてください。「求人ページ」や「リクルートページ」があるはずです。このリクルートページでお店が直接ホステスやエスコートレディー、カウンターレディーを募集しています。お店のHPでは福利厚生や待遇、入店祝い金の有無、寮の有無、研修の有無などを細かく記載している事もあるので、かなりの量の情報が手に入ります。

またスカウトマンなどの仲介を通さないため日当をスカウトマンにピンハネされる事もなく、また自分で納得したお店に直接面接を申し込めるので「スカウトマンについて行ったら風俗店だった」と言うトラブルも起こりません。ネットを使って求人を探すとトラブルも少なく、女の子が納得した上で面接出来るお店が見つかります。

その他大手求人サイトからも応募可能

高級クラブの求人は、お店の公式HPだけではなく大手求人サイトでも掲載されています。銀座チックや六本木チックなどの有名店も、大手求人サイトに求人情報を公開しています。内容をチェックしてみると、職種(仕事内容)や給与、シフト、勤務時間、勤務期間、お店の所在地、応募資格、研修内容など詳しい内容が掲載され担当者の名前もすぐに分かります。

お店のPRポイントやママの有無、ノルマの有無、Wワーク可能か、レンタルドレスや送りがあるかどうかなど知りたい事がすぐに分かるので便利。大手求人サイトもスカウトマンなどが仲介しているわけではないため、日当が安くなってしまうなどのトラブルはありません。

大手求人サイトの場合、掲載されている求人情報と実際の条件が違う場合、直接運営会社までクレームを入れると本人であれば対応してもらえる可能性があります。偽の求人情報を掲載していたとなればサイトの信頼に関わるからです。

またネットを使って求人情報を検索する場合、ネットの検索機能で「駅チカ」「日払いOK」「送りあり」などの条件が揃ったお店がすぐに見つかるのも便利。掲載されている店舗が多く選びきれない場合は検索機能を使って条件に合うお店をサクッと探せます。

お店選びは肝心なので気を抜かずに調べよう

お店選びはホステスとしての成功のためにはかなり重要です。一般的には高級クラブは高時給ですし福利厚生も手厚いため、多くの方が入店を希望されます。そのため採用基準が非常に厳しく、不採用になるケースもあります。

ただ高級クラブだけではなくアットホームさを売りにする大衆寄りのお店もありますし、高級店でなかなか採用されない場合はランクを違う目線でお店選びをするしかありません。また以下のようなお店は注意が必要です。

  • お店のHPが存在しない
  • ネットで悪い評判が多い
  • 担当者の言葉遣いが乱暴/連絡が異常に遅い

お店のHPが存在しない場合、短期間に違法な方法で荒稼ぎしてすぐに閉店する意図で開業している可能性もあります。またネットで「ぼったくられた」「ボーイが乱暴だった」などクレームが多いお店も要注意です。

求人を見る前に!高級クラブでの面接の注意

高級クラブの面接での注意

高級クラブで働きたいと思ったら、まずは面接をクリアしなければなりません。この面接を突破しなければ、体験入店や本入店にまで進めないのでとても重要です。高級クラブですから重点的にチェックされる項目も決まってきます。では高級クラブ面接ではどこに注意しなければいいのでしょうか?

服装はワンピースなどスタイルが映えるもので

面接での服装は女性の体のラインがある程度分かるミニドレスやワンピース、ミニスカートがお薦めです。特に高級クラブではスレンダーな女性が好まれるので、体のラインに自信があるならタイトな洋服を選ぶと受かる可能性がアップします。Tシャツやジャージ、ジーンズなどラフすぎる服装での面接は避けましょう。

これは高級クラブだけに限った話ではないのですが、面接官は女の子がお店で働いているイメージを最も知りたがっています。お店の服装がドレスやワンピースなら、それに近い服装で面接するとイメージも湧きやすく採用しやすくなります。ですからロングスカートやパンツルックなど足を隠す服装ではイメージが湧きにくいですね。私はミニワンピースで面接を受けましたが、体のラインに少し自信があったのでタイトなものを選びました。結果合格したのでこの作戦は有効なようです。

この時注意したいのは洋服の色。できるだけベージュやピンク、薄いブルーなどの明るい色合いを選びましょう。黒やダークネイビーなどの暗い色は面接官の印象を悪くさせる可能性があります。お葬式に参列するわけでなないので、洋服の色は考えた方が良さそう。華やかな銀座の高級クラブで働くのですから、それに相応しい色有合いがあるはずです。

メイクや髪型は無難に

銀座のクラブは照明がやや暗く設定されています。そのため薄化粧ではほとんど顔が目立ちません。そこでやや厚めのメイクで接客しています。厚めと言っても、つけまつげを2~3枚重ねて真っ青なアイシャドウを塗る、真っ赤な口紅を引くなど方向性の違うやり過ぎ感あるメイクとは違います。

目元はラメやアイラインなどで印象的になるようにメイクし、口紅は艶のあるグロス使いのプルっとした唇に、つけまつげもあまりに過剰になると不自然なのであくまでも顔の印象をアップさせつつ自然にが基本。ギャル系メイクで面接に行くと「何だかこの子、違うな~」と思われ、不採用になる可能性がアップしてしまいます。

また髪形はしっかりセットした方が印象がかなり良くなります。この時気を付けたいのは前髪。目元が隠れるくらい前髪が長くなると面接官への印象がかなり悪くなるので、出来るだけ前髪を上げるかやや短めにして目元がしっかり見えるようにしてください。

赤やピンクなど派手な髪色、また極端に短すぎる髪形(刈り上げ)など、ちょっと常識を疑ってしまうような奇抜な髪形も好ましくありません。髪色は出来るだけ黒や茶色などに、髪も長めの方が好まれます。あくまでも女性らしくが基本なので、どんな髪形が良いのか分からない時は美容室でセットしてもらうと無難です。

お客様を持っている場合は有利になる

水商売のケースでは、いかに固定客をもちそのお客様をお店に呼べるかが売り上げを左右します。固定客=ホステスのファンがたくさんいればいるほど面接でも有利になるため「固定客はいますか?」と言う質問に「はい。○○人くらいいます。」と答えられれば、これはかなり期待出来ます。採用される可能性もかなり高くなりますね。

けれど固定客を多く持っていたとしても、実際に移店してお客様が来てくれるかどうかは働いてみないと分かりません。蓋を開けてみたら殆ど馴染み客が来てくれなかったと言う事も考えられます。また「固定客がたくさんいる」と言うと即採用される可能性や時給アップの確率が高まる一方、厳しいノルマが課せられる可能性もあるので注意しましょう。

固定客がいるとしても「どれくらい来てくれるかは分からない」と正直に答えておく方が無難。オーバーな話をしないようにしてください。

客層も銀座と異なる?六本木の高級クラブの特徴

六本木は銀座と並ぶ高級クラブが多い街

六本木は六本木ヒルズに代表されるようなIT系企業や投資での成功者が集まる街のイメージがありますが、実際にIT系企業も多くネット全盛の時代を反映してかかなり活気があります。

他にも外国の大使館や放送局などがある事から外国人や業界関係者が多く、自然と六本木のキャバクラやクラブには芸能人やテレビ局関係者、芸能プロダクション関係者などが集まってきます。

六本木は富裕層が多く住んでおり、マスコミ関係者、大使館関係者など華やかな世界の方々が集まります。そのため高級路線のお店が繁盛する土壌が出来上がっており、実際に多数の高級路線キャバクラやクラブが存在。六本木は銀座と並ぶ高級店のひしめくエリアとして有名です。

銀座に比べると客層は若めなのが特徴

六本木はIT系企業が多い事からIT関連企業の重役や従業員が多く利用していますし、テレビ局関係者、芸能人、スポーツ選手、芸能プロダクション関係者、さらに有名企業の重役や成功した投資家、自営業者、富裕層のサラリーマン、大使館関係の外国人、医師、弁護士などなど…。

このようにハイステータスな方々が主な客層となっています。銀座と比べると若干敷居が低いようで、年齢層は銀座と比べると若めなのが特徴です。

若い方が多いため、酔って喧嘩を始めたりキャバ嬢やホステスに絡むなどトラブルが起きる可能性は六本木の方が高いようです。ただ高級クラブの場合は来客者の身元がハッキリしている事も多く、富裕層の方も多数来店するので、大きなトラブルにまで発展する事は少ないでしょう。

六本木の高級クラブの特徴は、徹底したラグジュアリー感。ホステスのレベルが高いのはもちろん、店内の豪華さは銀座の高級クラブと比肩するほどです。豪華な店内は非日常感に溢れており、日頃の生活や仕事を忘れてホステスと楽しく談笑するには最適な空間です。

働くのにおすすめな六本木の高級クラブ

高級クラブがひしめく六本木。そんな六本木の中でも特に有名で働きやすいお店を選びました。是非チェックしてください。

フェリーク

2013年秋に開業した高級クラブ・フェリーク。フランス語で「夢の世界のように美しい」と言う意味で、その名の通り落ち着いた色彩のゴージャスな空間は夢のような世界。

温かみのある暖色系の照明や、重厚さを感じさせるソファー、テーブルなどの調度品、効果的に使われたステンドグラスなど六本木とは思えない上品さです。こちらのお店は運営実績半世紀以上の「瀬里奈グループ」系列店で、資本がしっかりしているのも魅力。

長い運営実績があるので、ホステスへの待遇や教育システムなどもしっかりしています。

お店の在籍キャストは60名、平均年齢は24.5歳で若々しい高級クラブ。時給は6,500円以上となっており、5時間働くと30,000円以上の日給になります(ただし体験入店時は別時給)。寮も完備されているので、地方から引っ越してきた方には特に働きやすいお店です。

法令順守店なので、夜中1時以降の営業は行っていません。日払いにも対応しています。

IXION(イクシオン)

都営大江戸線の六本木駅7番出口から徒歩1分の好立地・IXION(イクシオン)。2013年11月オープンのお店ですが上下2フロアからなる高級クラブで、下のフロアは一般客が利用するメインフロアが配置され、上のフロアにはジュピターやマーキュリーと言った惑星の名前を冠したカラオケ付きVIPルームが完備されています。

メインフロアはワンフロアを丸々利用しており解放感は格別。高級志向の豪華な内装は六本木の高級クラブでも目立つ存在です。

高級クラブなので容姿に対しするレベルも高く、清楚な美女、モデル系の女性などスタイルが得に重視されスレンダーな方が有利となっています。

お店にはママが2名、女の子が40名ほど所属。勤務はドレスやワンピース着用でヘアメイクも完備(利用には1,000円必要)。ヘアメイクも3名待機しています。週2日から勤務可能ですが、出来れば勤務日数が多い方が良いそうです。ちなみに終電上がりは不可で、就業後はお店による送りがあります。

六本木チック

まるで女優やモデルのようなハイレベルなルックスの女性が多数所属する六本木チック。豪華なシャンデリアが輝くエントランスはまるで夢のよう。内装の豪華さは飛びぬけており、多くのドラマや映画でロケ先として利用されています。最近は米倉涼子さん主演のドラマでも店内ロケが実施されました。

顧客には芸能人、政財界の重鎮、有名漫画家、有名企業の社長・重役、投資家、医師や弁護士など錚々たる顔ぶれが。特にマスコミや芸能関係の人脈を作りたいなら狙い目の高級クラブです。

六本木チックでは体験入店から始められるので、未経験者でも安心です。お客様を直接接客するフロアレディはもちろん、お客様の荷物を預かり席までご案内するエスコートレディやお酒を作って提供するカウンターレディも募集中。高級クラブで働きたい方は注目ですよ。

よければ、高級クラブのホステスが行う仕事内容についてまとめた投稿もあるのでチェックしてみてください。

Page 1 of 2

Copyrights 2018 水商売で、生きていく。