高級クラブの面接での注意

高級クラブで働きたいと思ったら、まずは面接をクリアしなければなりません。この面接を突破しなければ、体験入店や本入店にまで進めないのでとても重要です。高級クラブですから重点的にチェックされる項目も決まってきます。では高級クラブ面接ではどこに注意しなければいいのでしょうか?

服装はワンピースなどスタイルが映えるもので

面接での服装は女性の体のラインがある程度分かるミニドレスやワンピース、ミニスカートがお薦めです。特に高級クラブではスレンダーな女性が好まれるので、体のラインに自信があるならタイトな洋服を選ぶと受かる可能性がアップします。Tシャツやジャージ、ジーンズなどラフすぎる服装での面接は避けましょう。

これは高級クラブだけに限った話ではないのですが、面接官は女の子がお店で働いているイメージを最も知りたがっています。お店の服装がドレスやワンピースなら、それに近い服装で面接するとイメージも湧きやすく採用しやすくなります。ですからロングスカートやパンツルックなど足を隠す服装ではイメージが湧きにくいですね。私はミニワンピースで面接を受けましたが、体のラインに少し自信があったのでタイトなものを選びました。結果合格したのでこの作戦は有効なようです。

この時注意したいのは洋服の色。できるだけベージュやピンク、薄いブルーなどの明るい色合いを選びましょう。黒やダークネイビーなどの暗い色は面接官の印象を悪くさせる可能性があります。お葬式に参列するわけでなないので、洋服の色は考えた方が良さそう。華やかな銀座の高級クラブで働くのですから、それに相応しい色有合いがあるはずです。

メイクや髪型は無難に

銀座のクラブは照明がやや暗く設定されています。そのため薄化粧ではほとんど顔が目立ちません。そこでやや厚めのメイクで接客しています。厚めと言っても、つけまつげを2~3枚重ねて真っ青なアイシャドウを塗る、真っ赤な口紅を引くなど方向性の違うやり過ぎ感あるメイクとは違います。

目元はラメやアイラインなどで印象的になるようにメイクし、口紅は艶のあるグロス使いのプルっとした唇に、つけまつげもあまりに過剰になると不自然なのであくまでも顔の印象をアップさせつつ自然にが基本。ギャル系メイクで面接に行くと「何だかこの子、違うな~」と思われ、不採用になる可能性がアップしてしまいます。

また髪形はしっかりセットした方が印象がかなり良くなります。この時気を付けたいのは前髪。目元が隠れるくらい前髪が長くなると面接官への印象がかなり悪くなるので、出来るだけ前髪を上げるかやや短めにして目元がしっかり見えるようにしてください。

赤やピンクなど派手な髪色、また極端に短すぎる髪形(刈り上げ)など、ちょっと常識を疑ってしまうような奇抜な髪形も好ましくありません。髪色は出来るだけ黒や茶色などに、髪も長めの方が好まれます。あくまでも女性らしくが基本なので、どんな髪形が良いのか分からない時は美容室でセットしてもらうと無難です。

お客様を持っている場合は有利になる

水商売のケースでは、いかに固定客をもちそのお客様をお店に呼べるかが売り上げを左右します。固定客=ホステスのファンがたくさんいればいるほど面接でも有利になるため「固定客はいますか?」と言う質問に「はい。○○人くらいいます。」と答えられれば、これはかなり期待出来ます。採用される可能性もかなり高くなりますね。

けれど固定客を多く持っていたとしても、実際に移店してお客様が来てくれるかどうかは働いてみないと分かりません。蓋を開けてみたら殆ど馴染み客が来てくれなかったと言う事も考えられます。また「固定客がたくさんいる」と言うと即採用される可能性や時給アップの確率が高まる一方、厳しいノルマが課せられる可能性もあるので注意しましょう。

固定客がいるとしても「どれくらい来てくれるかは分からない」と正直に答えておく方が無難。オーバーな話をしないようにしてください。