高級クラブのシステム「係制」について

高給クラブでは「係制」と呼ばれるシステムを採用しています。キャバクラでは全く考えられないシステムなので、しっかり頭に入れておいてくださいね。

高級クラブでは、来店されたお客様に「係」と呼ばれる女性が一人付きます。その係はクラブのママになるかもしれませんし、ママが信頼するベテランホステスかもしれません。

お客様が初めてお店に見えられた時、ほぼ自動的に係の女の子が決まります。ここで顧客が異論を唱える事はまずありません。自動的に決まった係ホステスは、担当するお客様が来店すれば必ず接客を行います。高級クラブでは永久指名制が採用されているので、ホステスが退職するまで同じお客様を担当するシステムです。

キャバクラは女の子の営業努力で固定客を獲得しますが、高級クラブでは自動的に担当する女の子が決まってしまうのです。ただこの係、キャバクラで言う本指名の女の子ではなく単なる「お世話係」。お客様の要望通りの女の子を呼び接客したり、アフターや同伴のお手伝いもします。「あの新入りのホステスと1対1で話がしたいな」と言えばすぐに手配します。

係のホステスは単なるお世話係なので、お店にいる間は常に一緒にいなければならないと言う決まりはありません。これが高級クラブの係制システムです。

1人のお客様でも何人かのホステスで接客する

高級クラブではキャバクラとは違い、一人のお客様を複数のホステスで囲んで接客します。ママや係のホステスを中心にして、係ではないホステスや派遣ホステスなどが周りを取り囲むのが基本です。キャバクラのように1対1の接客ではないので、話をするのが苦手な女の子も安心できますね。

もちろんただソファーに座ってニコニコしているだけでは仕事になりませんので(同席のママや係のホステスに睨まれます)、テーブルの上をマメに拭いたりお客様のお話に同調したりと、連係プレーで場を盛り上げる努力をしなければなりません。チームプレーでどこまで接客が出来るか試されますので、自分中心の接客がしたい女の子や、「私だけを見て」と自己中心的な女の子はクラブ勤務には向いていません。

高級キャバクラでは複数のホステスで接客しますので、分業制で接客するケースもあります。ヘルプのホステスがお酒を作り、係のホステスがトーク担当など。その場その場の状況で役割もどんどん変わっていきます。その変化に即対応出来るホステスなら重宝されるでしょう。

また先輩ホステスの話術や間のとり方、笑い方、お酒の作り方などを間近で見ながら勉強出来るのも高級クラブの魅力。キャバクラでは、先輩キャバ嬢の隣で話術を学ぶ機会はあまりありませんから。

キャバ嬢は個人競技、ホステスは団体競技のようなもの

こうしてみるとキャバクラは個人競技。ホステスは団体競技をしていると言えます。キャバクラは女の子の裁量や個性、接客技術などをフルに発揮してどんどん売り上げを作っていきます。逆に高級クラブはママを中心としたホステス全員で役割分担しながら売り上げを作っていきます。

お酒を飲むのが苦手な女の子は高級クラブの方が有利かもしれません。チームでの接客なので、同席しているお酒に強いホステスがどんどんボトルのお酒を飲んでくれる可能性もあります。

ただ高級クラブの場合、ボトルを出来るだけ早く飲み干して欲しいため「お酒の飲めるホステス希望」と言うお店もあります。もちろん「ノンアルコールドリンクで営業OK」のお店もありますので、お酒の飲めない方は面接で素直に「お酒が飲めません」と伝えてください。