クラブのホステスの給料は日給が一般的

クラブのホステスの給料は日給制になっているケースが多いです。特にヘルプのホステスは日給制で仕事をしており、一晩働いて約2~3万円の報酬を受け取ります。15日勤務して日給3万円だと月給が約45万円になりますので、かなり良い収入と言えますね。

ただし日給が高い場合、お客様を持っていないヘルプのホステスにもノルマが課せられ、売上が達成出来ないと日給額がダウンしてしまう事もあります。単純に日給が高いからと言って喜んでばかりもいられません。

ではヘルプではない係ホステス、つまりお客様のお世話役のホステス(レギュラー)はどうでしょうか?大きな売り上げを頂ける太客を何人も持って入ればそれだけで売り上げの一部がバックされ、月給100万円を軽く超えるケースも珍しくありません。高級クラブの指名№1ホステスの月収は100万円どころではないそうです。一般ではなかなか想像出来ない世界ですよね。

短期間で稼げるのはキャバクラ

キャバクラは女の子自身が営業を掛け、やる気次第でどんどん売り上げを増やす事が出来ます。高級クラブのように「係のホステス」やママはいませんので、自分の意志で自由に営業して構いません。

キャバクラの時給は3,000~5,000円ですが、やる気があれば週5日勤務、オープンからラストまで勤務も可能ですし、各種バックでどんどん稼げます。女の子の実力次第では、新入りでも高級キャバクラなら月に50万円、100万円と短期間に稼ぎ出す事は可能です。

それなりの経験やお客様を持っていれば、もっとスムーズに短期間で稼げるかもしれません。接客も1対1形式なので、人気のある女の子はどんどん固定客を増やしていけます。女の子の実力や経験によりドンドン稼げるのがキャバクラの魅力です。

安定して水商売を続けたいならクラブでホステスになろう

キャバクラは女の子の実力次第で、短期間ですぐに売り上げを上げる事が出来ます。ただキャバクラの場合は「女の子をじっくり育成しよう」と言う発想ではなく、「ある程度の期間でモノにならなければ新しい女の子を入れればいい」と言う発想のお店もあり、丁寧に育成する事が難しくなっています。

ところが高級キャバクラの場合は来店されるお客様がある程度決まっており(特に会員制のお店)、信頼出来る顧客やベテランママ、係ホステス、先輩ホステスなどの強固な人間関係があるため、女の子が孤軍奮闘しなければならないキャバクラよりも仕事がしやすいです。

クラブの側も「新人を育てよう」と言う意識があります。そのためヘルプの間は無理なノルマを課す事なく皆でサポートしたり、太客に積極的に新人ホステスを紹介する、先輩ホステスと一緒にアフターに参加して高級クラブの営業や顧客の事を知ってもらえるように配慮するなど、チームプレーならではの育成が行われます。ヘルプのホステスは日給制なので、売上に関係なく働いた分の日当はもらえます。職場環境や育成システム、客層の良さなど長く水商売の世界で頑張りたいなら高級クラブがお薦めです。