高級クラブでの仕事内容はお酒の席での接待が基本

ホステスの仕事は主に来店されたお客様に接待業務を行い、快適な時間を楽しんで頂けるよう努力しています。この時のホステスの仕事内容は、キャバクラで働くキャバ嬢とあまり大きな違いはありません。ホステスの主な業務をチェックしてみましょう。

  • お客様にお酒を作る(水割りやお湯割り、ソーダ割など)
  • 楽しく会話する
  • 煙草に火を付ける/灰皿をマメに取り換える
  • テーブルの上をマメに片づける/おしぼりなどで綺麗に拭く
  • 同伴やアフターにお付き合いする

キャバ嬢も仕事の内容はホステスのそれとほぼ変わりません。

ただ高級クラブの場合はホステスに知性や教養、マナーが必須。キャバ嬢よりも上品でより洗練されたマナーや言葉遣いが求められます。
また高級クラブは、一人のお客様にホステスやママなど複数のフロアレディーが付いて接客するので、「特定のホステスだけが目立つ」のは出来るだけ避けたい所です。

ホステスもキャバ嬢もこの点は同じ

ホステスもキャバ嬢は来店されたお客様を接待し、同伴やアフターにお付き合いすると言う点は同じです。まず重要なのはお客様の要望に応じて水割りやお湯割りなどのお酒を作り、提供する事。高級クラブにはお酒は付き物ですが、キャバクラでもお酒は外せません。

店内での接客でお酒と同じくら重要なのがホステスやキャバ嬢とのお喋り。話術が巧みでお客様からスルスルと話題を引き出しお客様をどんどんお喋りにしてしまうホステスやキャバ嬢もいて、聞き上手、喋らせ上手なホステスはレベルが高いと感じます。

さらにお客様へのメールやLINE、電話などでの営業もホステス・キャバ嬢双方行う業務となっています。固定客だけではなくフリー客に対しても、接客させて頂いたお客様にはすぐにお礼のメールを送り次回の来店を促します。ホステスやキャバ嬢の誕生日、クリスマス、バレンタインデーなどのイベント前にも営業メールを送り、一人でも多くのお客様を集客しなければなりません。

こうしてみるとホステスとキャバ嬢は「接客」「営業」と言う2つの役割をこなす点で共通点があります。ホステスもキャバ嬢も、ただ笑顔でお酒を作れば良い単純な仕事ではないのです。

気品や立ち振る舞いはキャバ嬢よりも気を遣う必要あり

高級クラブには政財界の重鎮や有名人、有名企業の社長、富裕層など社会的にハイステータスな顧客が集まってきます。銀座の場合は特に顧客の年齢層が高く、ホステスにはそれなりの知性やマナー、気品が必要です。ただ単にルックスが芸能人並みであれば良い、と言うわけではなく、気品や洗練された立ち居振る舞いが必要なのです。

キャバ嬢の場合接客は基本的に1対1なので、「オラオラ営業」など個性のある営業スタイルでも、それを好むお客様がファンとしてついてくだされば少々言葉遣いが乱暴でも許してくれます。ところが高級クラブは集団での接客なのでホステスが一人でオラオラ営業を行っても浮いてしまいますし、ステータスの高いお客様からみれば「何て失礼なホステスなんだ!」と腹を立ててしまいます。

社会的地位の高い中高年の顧客はプライドも高いため、個性の強いホステスよりも大人っぽく気品のある清楚系ホステスを好み、どんな話題でも顧客を否定せずに優しく受け止めてくれる女性を求めます。社会的立場の高い方の前では、立ち居振る舞いにも気を付けなければなりません。「適当に接客しておけばいい」では満足してもらえないのです。

「高級感」を意識する接客が重要

銀座や六本木の高級クラブで接客しているホステスは、皆さんスレンダーで美しい上にヘアメイクや衣装も完璧です。お客様の前に出るまでにお金と手間が掛かっています。美しく装う事もすでに接客の一部。一流ホステスは日頃からエステに通い自分を磨き上げネイルケアやヘアケア、スキンケアなども万全です。「なんて美しいホステスがいるのだろう」と思った瞬間に、顧客は高級感が得られるはずです。

またお客様は男性客がメインですので、ホステスは男性の自尊心や優越感をくすぐる接客をします。仕事の実績や社会的ステータス、お客様の人柄や家柄を褒めるなどさりげない「よいしょ」を盛り込み、気持ちよく時間を過ごしてもらえるように配慮しています。また高級クラブはハイクラスの顧客が多数出入りしているので、高級クラブでの人間関係をきっかけに商談がまとまったり商品の新しい販売先が見つかることもあります。

ホステスやママは絶えず「高級クラブは特別な場所」、そう思ってもらえるような努力をしているのです。